« 守護神≠切り札 | Main | 高見盛、握力は中学3年並み »

2004.01.24

【ネタバレ注意!】池波正太郎 『鬼平犯科帳(十四)』

このシリーズは何度も読み返しているのですが、いつもこの巻で手が止まってしまいます。
「五月闇」、お話自体はすごくいい出来だと思うのですが、
密偵・伊三次にもう会えないのかと思うと…(鬱)
大好きなキャラクターだったのでどうしても。
※伏せ字部分はドラッグすると読めます【ネタバレ注意!】

書店員時代、池波正太郎はランク関係なしに並べてました。
”売らなければならない本”を並べるのは当然として、”売れなくても並べたい本”というのがあります。
売上をにらみつつ取捨選択するわけですが、この辺のさじ加減が難しく、もっともやりがいを見いだす部分でもあり、同時に苦悩する部分でした。
客としては書店巡りをしていて一番楽しいのがこの部分であるわけですが、最近はそれもままならなくなりつつあるのが悲しいところ。

オンライン書店ビーケーワン:鬼平犯科帳 14

|

« 守護神≠切り札 | Main | 高見盛、握力は中学3年並み »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/128702

Listed below are links to weblogs that reference 【ネタバレ注意!】池波正太郎 『鬼平犯科帳(十四)』:

» 武鑑ってありますよね [Oh!江戸 落書き帖]
 よく鬼平犯科帳などで、武家の素性を調べたいときに長官が取り出して調べるあれです。いわば、江戸時代の幕府の職員名簿といえましょうか。先日、神保町の古本屋をのぞい... [Read More]

Tracked on 2004.02.09 at 16:38

« 守護神≠切り札 | Main | 高見盛、握力は中学3年並み »