« 松本葉『愛しのティーナ』 | Main | 岡嶋二人『クラインの壷』 »

2006.07.25

井上夢人『ダレカガナカニイル…』

ある日突然自分の中に見知らぬ“意識”が出現、自己を主張し始める。
これは自分の気が狂ったのか、それとも本当に見知らぬ誰かの意識なのか。

共作コンビ“岡嶋二人”解消後の初作品。
もう岡嶋作品が読めないことが確実になってからというもの、ミステリファンの“独立後”への期待は並々ならぬものがありました。
その期待に見事にこたえてくれたのがこの『ダレカガナカニイル…』です。
魅力的なプロットを軸に読者をぐいぐい物語に引きこんでゆく手腕に衰えはありませんでした。
『クラインの壷』と共に、一度読み始めたらやめられないとまらない、のまさにエビセン本です。
膀胱炎に注意!(笑)

オンライン書店ビーケーワン:ダレカガナカニイル…

|

« 松本葉『愛しのティーナ』 | Main | 岡嶋二人『クラインの壷』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/11601266

Listed below are links to weblogs that reference 井上夢人『ダレカガナカニイル…』:

« 松本葉『愛しのティーナ』 | Main | 岡嶋二人『クラインの壷』 »