« 花村萬月『ブルース』 | Main | 『アトムの時代』 »

2006.07.25

森絵都『カラフル』

死んだハズのぼくの目の前に、見知らぬ天使が現れて言った。
「おめでとうございます!抽選に当たりました!!」
大きな過ちを犯して死んだ「ぼく」は、訳の分からぬまま再挑戦のチャンスを与えられ、下界にいる「小林真」の体にホームステイすることになる…

ジャンルわけでいくと、児童書、ティーンエイジャー向き、ということになるんだろうけど、もったいないもったいない。大人が読んでも十分に楽しめます。
プロットこそ、簡単に予想が付いてしまうきらいはあるものの、いきいきとした登場人物、スピーディーな展開は読み物としての魅力にあふれていますし、なにより人物に対する作者の視線、その温かな描き方は実力十分。
宮部みゆきのティーンエイジャーものが好きな人なんかは絶対に気に入るはず!

オンライン書店ビーケーワン:カラフル

|

« 花村萬月『ブルース』 | Main | 『アトムの時代』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/11601947

Listed below are links to weblogs that reference 森絵都『カラフル』:

« 花村萬月『ブルース』 | Main | 『アトムの時代』 »