« 『ゲット・オン・ザ・バス』 | Main | 『ラン・ローラ・ラン』 »

2006.07.24

『スモーク』

ニューヨークに限らず、どこの街にもありそうな1軒の煙草屋。
そこを訪れるこれまたどこにでもいるような人間たち。
これといって派手な出来事は何も起こりません。
スジ読みするタイプ、ハラハラドキドキてんこ盛りのハリウッド映画が好きな人は立ち去って!(笑)
ぼくはいわゆる“何もないハナシ”が好きなタイプなので、
当然、こういった類の映画はベタ褒めせずにはいられません。

毎朝同じ時間、同じ場所、同じアングルでシャッターを切るオーギー、
妻を亡くした作家、
父親に捨てられた事を悲しむ少年。
オーギーの煙草屋を中心に人々の日常が淡々と綴られます。
「なにが何も起こらないだよ、脚本家の思うツボじゃん」と思う人もいるかも。
その通り。
静かではあってもちゃんとドラマはあるのです。
ニューヨークに住んだことはないし、
彼の地に移り住んだからといってこんな事が起きると信じてるわけじゃない。
でも、ひょっとしたら…
ついそんな妄想に身をまかせてしまいたくなるチカラのある素晴らしい映画です。
ぼくの人生でベスト1、明日死ぬならコレを観てから死にたい、そんな作品。

続編『ブルー・イン・ザ・フェイス』もいいですよ。

SMOKEブルー・イン・ザ・フェイス【字幕版】ブルー・イン・ザ・フェイス【字幕版】

|

« 『ゲット・オン・ザ・バス』 | Main | 『ラン・ローラ・ラン』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/11588679

Listed below are links to weblogs that reference 『スモーク』:

« 『ゲット・オン・ザ・バス』 | Main | 『ラン・ローラ・ラン』 »