« 岡嶋二人『焦茶色のパステル』 | Main | 北村薫『夜の蝉』 »

2006.07.25

北村薫『六の宮の姫君』

『夜の蝉』を「最もバランスのとれた…」とか「オススメ」とか言っておきながら、“裏の”イチオシはこっちだったりします(笑)

主人公“私”が大好きな芥川龍之介にまつわる謎を追いかけるハナシで、シリーズとしては異色作。
(のはずだったのですが、最新作『朝霧』をみると、これからはこっち路線か?)
活字中毒者として“私”に感情移入せずにはいられない、ぼくにとっては「ツボをおされる1冊」。
芥川って何? という人でも、極上の歴史ミステリ(過去の謎を”今”の人間が読み解く)として十分に楽しめます。

と、思っていたものの、ヨソの書評サイトでは「よくわからなかった」「話に入りこめなかった」という評価が多いようで…う~む。

六の宮の姫君

|

« 岡嶋二人『焦茶色のパステル』 | Main | 北村薫『夜の蝉』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/11601490

Listed below are links to weblogs that reference 北村薫『六の宮の姫君』:

« 岡嶋二人『焦茶色のパステル』 | Main | 北村薫『夜の蝉』 »