« 夏文庫はコレを読め!(新潮編)(BlogPet) | Main | 【新刊チェック】多和田悟『犬と話をつけるには』 (文春新書) »

2006.07.27

「YouTubeは今までテキストでしか可能でなかった『引用』を単にビデオにまで広げたもの」

CNET Japan Blog - 中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイル:YouTubeを使ったテレビ番組の『引用』の合法性に関する一考察

禿同!
「無邪気に過ぎる」という反論もたくさん上がっているようですが、
利用者の思いという部分では真実をついていると思います。
”タダで観たいからYouTube”という人だけではあそこまでアクセス殺到しないと思うんですよね。
ファイル共有に嫌悪感を抱いていた人にも、
YouTubeは”限りなく白っぽい灰色に見えた”
ということなのではないかと。

かつてのCCCDやiTMSに楽曲提供しない某大手レーベル、ラジオ無しでスタートしたLast.fm日本版のように、
ブロードバンドが普及して、かえってイライラすることが増えました。
だからこそ、
> 「テレビ番組の一部を『個人的体験の共有』のためにアップロードすることぐらい許容範囲」
> と多くの人が考えるようになったのであれば、
> 著作権法の方をその「常識」に会わせて変更すべきなのである。
というくだりには快哉を叫ばすにはいられません。

YouTubeをただ叩いておしまいにするのか、これを教訓として活かすのか。
モラルを問われてるのはむしろ権利者側のような気がします。
YouTubeで育った世代が登場するまで無理…とは思いたくないです。

|

« 夏文庫はコレを読め!(新潮編)(BlogPet) | Main | 【新刊チェック】多和田悟『犬と話をつけるには』 (文春新書) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/11113015

Listed below are links to weblogs that reference 「YouTubeは今までテキストでしか可能でなかった『引用』を単にビデオにまで広げたもの」 :

« 夏文庫はコレを読め!(新潮編)(BlogPet) | Main | 【新刊チェック】多和田悟『犬と話をつけるには』 (文春新書) »