« エリス・ピーターズ 『聖女の遺骨求む』 | Main | スコット・スミス 『シンプル・プラン』 »

2006.11.10

スティーヴン・ハンター 『極大射程』

紆余曲折はあったものの、日本語でも刊行順に読めるようになったボブ・リー・スワガー・シリーズの第1作。
シリーズものは最初から読むようにしているので、これがボブ・ザ・ネイラーとの初めての出会いになりました。
もともと冒険小説は大好きなのですが、話題のベストセラー『極大射程』がこういうハナシだとは思いもしませんでした。
一言で言えば、「ランボー’99」(笑)
べたべたのヒーローものスリラー、今時こんな話が受けるなんて、ひょっとして冒険小説復活の兆しなのかしら?と。
プロット、登場人物ともにそれなりに工夫はされているけれど、類型的と言えば類型的。
でもでも、スナイパー、射撃技術に関する細かな描写が盛り上げる現実感、そして読者を一気に引き込んでゆくスピーディーな展開はキズを補ってあまりあるポイント。
久々にこういう話読んだなあ。
続きも読もう!という気にさせられました。

オンライン書店ビーケーワン:極大射程 上巻オンライン書店ビーケーワン:極大射程 下巻

書評サイト Loud Minority: スティーヴン・ハンター 『狩りのとき』

|

« エリス・ピーターズ 『聖女の遺骨求む』 | Main | スコット・スミス 『シンプル・プラン』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/13003811

Listed below are links to weblogs that reference スティーヴン・ハンター 『極大射程』:

« エリス・ピーターズ 『聖女の遺骨求む』 | Main | スコット・スミス 『シンプル・プラン』 »