« が俳句を詠んでみようと思うの(BlogPet) | Main | フェイ・ケラーマン 『水の戒律』 »

2006.11.09

アイザック・アシモフ 『黒後家蜘蛛の会』

『われはロボット』や『ファウンデーション』で有名なSF作家アシモフが書いた、安楽椅子探偵(アームチェア・ディテクティブ)ものの短編集。
化学者、数学者、弁護士、画家、作家、暗号の専門家と、それぞれ専門分野ではひとかどの業績をあげているメンバーが音を上げた後、おとなしく耳を傾けていた給仕のヘンリーがさらっと真相を言い当てる様はまさに快感。
謎解きの楽しさが手軽に楽しめる1冊。
本格推理とか謎解きメインの物はあまり読まないのですが、これは面白かったです。
推理ものが苦手という人にこそ読んでほしい。


オンライン書店ビーケーワン:黒後家蜘蛛の会 1オンライン書店ビーケーワン:黒後家蜘蛛の会 2オンライン書店ビーケーワン:黒後家蜘蛛の会 3オンライン書店ビーケーワン:黒後家蜘蛛の会 4オンライン書店ビーケーワン:黒後家蜘蛛の会 5

|

« が俳句を詠んでみようと思うの(BlogPet) | Main | フェイ・ケラーマン 『水の戒律』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/12999845

Listed below are links to weblogs that reference アイザック・アシモフ 『黒後家蜘蛛の会』:

« が俳句を詠んでみようと思うの(BlogPet) | Main | フェイ・ケラーマン 『水の戒律』 »