« トマス・ハリス 『ハンニバル』 | Main | ジャン・フィリップ・トゥーサン 『ためらい』 »

2006.11.11

ジェイムズ・P・ホーガン 『星を継ぐもの』

月面で発見された深紅の宇宙服を着た死体。
綿密な調査の結果、死後五万年以上経過していることが判明した。
一体彼は何者なのか?

もう最高です。
おそろしくSFらしいSF。
まさに”センス・オブ・ワンダー”というやつで、このアイディアだけでご飯三杯はいけます(笑)
文章はお世辞にも洗練されているとは言えないし、むしろ物語は"二の次"的な印象もあります。
でも、トリックが出尽くして文学へ傾斜してゆくことになったミステリとは違い、SFはまだまだ”面白いハナシ”を考えた人が勝ち!
『星を継ぐもの』はまさにそういうお話で、もうこれでもかとばかりに謎が謎を呼び、その解決は素晴らしくSF的で…♪
中の人はこれ書いてるとき楽しくてしょうがなかったんだろうなあ、という気がします。
キズはあるものの、というかもうキズだらけの気もしますが(笑)、これはアイディアが全て。
だってご飯三杯ですもの(笑)

小説として、SFとして、おそらくは数多くの欠点を持っているこの作品には、そのすべてを帳消しにする魅力がある。
読んでいる内に、胸がワクワクしてくるのだ。
サイエンス・フィクションなのだ、これは。
解説:鏡明

そう、胸がワクワクするのです。

オンライン書店ビーケーワン:星を継ぐもの

|

« トマス・ハリス 『ハンニバル』 | Main | ジャン・フィリップ・トゥーサン 『ためらい』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/13021100

Listed below are links to weblogs that reference ジェイムズ・P・ホーガン 『星を継ぐもの』:

« トマス・ハリス 『ハンニバル』 | Main | ジャン・フィリップ・トゥーサン 『ためらい』 »