« なにわ書房グランドホテル前店が閉店 | Main | コパンダ »

2006.11.25

『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』

1994年、私は千歳基地を題材にした作品の事前準備のために千歳救難隊にロケハンに行ったのですが、そこから帰った直後、千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプターが遊楽部(ユーラップ)岳に墜落して、乗員5人が全員亡くなるという事故がありました。そしてあるニュースキャスターがこの事故を読み上げるときに「自衛隊は一体何をやっているのか」と吐き捨てるように言ったそうです。

実はこの時、奥尻島で発生した急患を直ちにヘリで搬送する必要があったにもかかわらず、悪天候のため道の防災ヘリも警察のヘリも消防のヘリも陸自のヘリも飛べなかった。そこで最後に航空自衛隊の救難隊に災害派遣が下令されたのです。

航空自衛隊の救難隊は他の組織に比べて機材や人員の能力が非常に高いため、他の組織では対処できないときに要請がかかる“最後の砦”みたいな部隊です。そして彼らは、自分たちが飛ばないと患者は死ぬしかないことがわかっていたからこそ、危険な天候にもかかわらず飛んだ。それなのに「自衛隊が事故を起こした」というだけで非難され、事実が伝わらないことに私は憤りを感じました。このようなことは阪神淡路大震災の時も含め、枚挙に暇がありません。

自衛隊のことをよくわかっていない人々からの一方的な非難にも、彼らは反論もせず黙々と自分たちのやるべきことをやっている。これがあまりにストイックすぎるので、どうにかしたいという個人的感情からこのアニメの企画が生まれたところもあります。ですが、やはり人を救う職業は物語になりますし、それと私が惚れた、彼らの人間的な姿を描きたかったというのが一番大きいですね。
よみがえる空 -RESCUE WINGS-プロデューサーのメッセージ"航空自衛隊と救難隊のことを知ってほしかった"


いきなり長々と引用しましたが、このメッセージに惹かれて見始めたのでどうしても。

新米パイロットを主人公に救難隊の過酷な任務を描く人間ドラマ。
戦闘シーン無し、萌え要素皆無の地味な話をよくぞここまで!と喝采したいすばらしい出来でした。
特に「第6話 Bright Side of Life(前編)」「第7話 Bright Side of Life(後編)」がよかった。
まさか「ひょっこりひょうたん島」がこんなに心に響くとは…。
ましてや歌いながら泣くことがあろうとは夢にも思いませんでした。
凹んだ時は「ひょうたん島」が定番になりそう(笑)

また、シリアスなドラマ作品とはいえ、CGを駆使した出動シーンは手に汗握る大迫力。
CGを使ったアニメは最近めずらしくありませんが、セル画部分とうまく馴染まず、違和感が強くてあまり成功しているとは思えないものが多いです。
しかし、この『よみがえる空』はまったく違和感がないばかりか、CGだからこそと思える迫力ある映像を実現しています。
才能ある人がやればちゃんとできるのね、と納得させられました。

最後にひとつ。
脇役にもかかわらず、主人公の恋人の勤める出版社の様子がしっかりした描写で驚きました。
苦しい経営状況や地道な営業活動など零細出版社の悲哀がきちんと丁寧に描かれています。

キャラ、ストーリー、映像、すべてが高次元、まったくけちのつけようがありません。
この作品と出会うこと、リアルタイムで見ることができて幸せです。
とにかく最高!
GJ!!


よみがえる空 -RESCUE WINGS- : @nifty BANDAI CHANNEL/バンダイチャンネル

よみがえる空 -RESCUE WINGS- 公式サイト
よみがえる空 -RESCUE WINGS- - Wikipedia

よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1よみがえる空-RESCUE WINGS-mission 2よみがえる空-RESCUE WINGS-mission 3よみがえる空-RESCUE WINGS-mission 4よみがえる空-RESCUE WINGS-mission 5よみがえる空-RESCUE WINGS-mission 6よみがえる空-RESCUE WINGS-SPECIAL 特別限定版

|

« なにわ書房グランドホテル前店が閉店 | Main | コパンダ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/12814763

Listed below are links to weblogs that reference 『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』:

« なにわ書房グランドホテル前店が閉店 | Main | コパンダ »