« あけましておめでとうございます | Main | 図書館と書店の連携を妄想してみる »

2007.01.02

帰省した友人に本を贈る

書店決戦ルール。
1. 同じ書店でそれぞれが自分のオススメ漫画を最大三冊購入し、相手に読ませる。
2. 読み終わったあと、より面白い漫画をチョイスできたほうが「漫画読みとして趣味が良い」ことになり、すなわちそいつの言ったことが正しいという結論になる。
wHite_caKe - 書店決戦~おのれのすべてをふりしぼれ~

書店決戦!とまではいかないけれど、帰省した友人に本を贈るというのが習慣になっています。
盆と正月の年2回、ひさしぶりに顔を合わせる友人にその時最も読んで欲しいと思った1冊をおずおずと差し出してみる。
狙うは当然”かいしんのいちげき”
もちろん、そううまくはいかないのですが、それもまた楽しいもので。
「こんなのばっかり読んでるからおまえはダメなんだ!」と怒られてニヤニヤ。
「このあいだA木に怒られてさあ…」と懲りずにまた別の友人に同じ本を読ませてみたり。
つきあいが長いだけにある程度反応も読めるので、期待通りの反応があるとうれしい。
長年のつきあいにもかかわらず、予想外の反応が返ってきてもまたうれしい。
”親愛なる仮想敵”のおかげで不毛な活字中毒者生活にも張合いが出る、というお話。

温厚な武闘派、元ラグビー部A木君に怒られて、マルチメディア社員N川君に贈った本は↓
オンライン書店ビーケーワン:きみは誤解している

|

« あけましておめでとうございます | Main | 図書館と書店の連携を妄想してみる »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/13310846

Listed below are links to weblogs that reference 帰省した友人に本を贈る:

« あけましておめでとうございます | Main | 図書館と書店の連携を妄想してみる »