« January 2007 | Main | March 2007 »

2007.02.28

【新刊チェック】講談社コミック 2月の新刊

オンライン書店ビーケーワン:のだめカンタービレ 17オンライン書店ビーケーワン:センゴク 12オンライン書店ビーケーワン:はじめの一歩 79

| | TrackBack (0)

【新刊チェック】ハヤカワ文庫 2月の新刊

オンライン書店ビーケーワン:瞬きよりも速くオンライン書店ビーケーワン:老人と宇宙(そら)
オンライン書店ビーケーワン:SFが読みたい! 2007年版

| | TrackBack (0)

2007.02.27

【新刊チェック】角川文庫 2月の新刊

オンライン書店ビーケーワン:ひとを愛することができない

| | TrackBack (0)

2007.02.23

こないだ(BlogPet)

こないだ、スギモトが

ライトユーザーをだってユーザーへと導くのはもうほとんど不可能に近いんじゃないかと。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Yonde?」が書きました。

| | TrackBack (0)

2007.02.16

だって♪(BlogPet)

今日、Yonde?
たちが、
後編などをBLOGしなかったのある日の丸写真

ねこを写す*
猫と暮らす -後編-5.構図を考えて撮る

禿同!
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Yonde?」が書きました。

| | TrackBack (0)

2007.02.09

【新刊チェック】ちくま文庫 2月の新刊

オンライン書店ビーケーワン:友だちは無駄であるオンライン書店ビーケーワン:チェコスロヴァキアめぐり

| | TrackBack (0)

現在進行形であるはずなのに”(BlogPet)


現在進行形であるはずなのに”
すべては終わったこと”
としてすんなり読めました
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Yonde?」が書きました。

| | TrackBack (0)

ねこを写す*猫と暮らす -後編-

ねこを写す*猫と暮らす -後編-

後編きました。

でも基本は愛のある日の丸写真

ねこを写す*猫と暮らす -後編- 5.構図を考えて撮る

禿同!

| | TrackBack (0)

2007.02.07

【新刊チェック】コミック 1月の新刊

オンライン書店ビーケーワン:おおきく振りかぶって Vol.7オンライン書店ビーケーワン:ホーリーランド 14オンライン書店ビーケーワン:ジパング 27オンライン書店ビーケーワン:Over drive 9

| | TrackBack (0)

デイヴィッド・ベニオフ 『25時』

「それはどうかな。おまえはそのときもまだ彼の友達でいられると思うか。ビールを飲んで、昔話に花を咲かせられると思うか。そう思ってるなら、忘れることだ。今夜が過ぎると、すべてが終わるんだよ。わかるか、ジェイク?」
デイヴィッド・ベニオフ 『25時』


ひとりの若者が連邦刑務所に収監される前日、25時間目を迎えるまでの24時間を描いた物語。
全米瞠目の青春小説、というふれこみですが、ぼくはハードボイルドとしてすんなり読めました。
暗く重く乾いたトーンが心地いいです。
これといって何も起こらない。
現在進行形であるはずなのに”すべては終わったこと”として語られる。
若者よりもかつて若者だった人たちの心にこそより響く、と思えてしょうがないのでこれはきっと青春小説じゃありません。
むしろ中年小説と言ったほうがいいのかも。
たとえ偶然にでも手に取ったのであれば決して離さないほうがいい。
直感を疑わず黙ってレジに直行するとたぶん幸せになれるはず。

オンライン書店ビーケーワン:25時

| | TrackBack (0)

2007.02.06

ジョン・ヴァーリイ 『ブルー・シャンペン』

「だめ」彼女が冷静に言った。
「規則その一。むこうからたのまれないかぎり、かたわにてをかさないこと。いくら苦労していても、そのままほうっておきなさい。むこうは人にたのむことをおぼえなきゃいけないし、あなたはむこうになるべくやらせることをおぼえさせなきゃいけない」
「ぼくはいままでかたわとつきあいがなかったんだ」
「規則その二。ニガーは自分をニガーと呼んでいいし、かたわは自分をかたわと呼んでもいい。でも、五体満足な白人がどっちかの言葉を使ったら、ただじゃすまないわよ」
ジョン・ヴァーリイ 『ブルー・シャンペン』


うんとSFらしいSF、6篇が収められた短編集。

「プッシャー」
扉を飾るのは手垢のついたテーマを「ロリコンの変態おじさん」という切り口でさらっと魅せる佳品。
落ちはわかっているのに思わずにやり。

「ブルー・シャンペン」
表題作。
”黄金のジプシー”と呼ばれるハイテク外骨格を身につけることで身体の自由を取り戻した四肢麻痺患者の少女の恋物語。
これを読むだけで元は取れた!と確信する素晴らしい出来。

「タンゴ・チャーリーとフォックストロット・ロミオ」
謎の病原体に汚染されたため放棄された宇宙ステーションで発見された少女と犬たち。
困難を極める救出作戦の鍵を握るのはニュースを見た一般大衆の反応。
機械なのにいちばん人間らしいチクタクが愛しいです。

「ブラックホールとロリポップ」
ブラックホール・ハンターが太陽系辺境で狂気と直面する怖ーいお話。
読み終えた時の”宙ぶらりん感”が怖すぎてすてき。

久しぶりに読み返したけれどやっぱりよかったです。
満足満足♪

オンライン書店ビーケーワン:ブルー・シャンペン

| | TrackBack (1)

2007.02.05

図書館は動物園に似ていると思った

Tohru’s diary - 図書館利用者は本当に図書館を必要不可欠な施設と思っているのかいな?

そうは言ってもやっぱり数字は大事だよな…ともやもや。
で、このもやもやは『動物園にできること』を読んだ時のもやもやに似ている、と思ったので脊髄反射。

Zoo(動物園)とMenagerie(見せ物小屋)の違いとは?
(図書館と貸本屋の違いとは?)
動物園が果たすべきは、地域住民への環境教育なのか、それとも絶滅に瀕した種の保存なのか?
(図書館が果たすべきは地域住民への貸出・閲覧なのか、それとも絶滅に瀕した書物の保存なのか)
子供のころは好きだったのに大人になるとちょっと…と思う場所。
それなりに利用者はいるのに影の薄い施設。

似てませんかね?(汗)
旭山動物園の成功を追い風にして、動物園は”わりといい位置”を獲得しつつあるように見えます。
テーマパーク化することが動物園の理想とは思いませんが、そこで成功したからこそ本来の役割も果たすことができるというのも事実でしょう。
生き残りのための手段として割りきることも必要なんじゃないかと思います。

もちろん、入場者数が収入につながる動物園と図書館を一緒にするわけにはいきません。
でも、ものすごく利用者の多い図書館であれば、支持されてるのと一緒、と思う気持ちもあったり。
貸出至上主義に批判的な人があえて数字にこだわるとどのくらいの数字が出るのか。
ちょっと見てみたいです。
数字を否定するのではなく、相手の土俵でねじ伏せる。
そして、貸出至上主義の皮をかぶった理想の図書館を…なんて(笑)

競争優位を獲得する最新IT経営戦略 - 第5回 小さな挑戦を繰り返して起死回生を果たした「旭山動物園」
ASTATINE:動物園の役割。

| | TrackBack (2)

2007.02.04

【新刊チェック】新潮文庫 2月の新刊

オンライン書店ビーケーワン:逃げてゆく愛

| | TrackBack (0)

2007.02.02

とか書いてた(BlogPet)

いつも、スギモトは
136回芥川、直木賞結果発表|書店員の話【書店員日誌Ⅱ:芥川賞発表
第136回芥川賞&直木賞決定!
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Yonde?」が書きました。

| | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »