« 図書館は動物園に似ていると思った | Main | デイヴィッド・ベニオフ 『25時』 »

2007.02.06

ジョン・ヴァーリイ 『ブルー・シャンペン』

「だめ」彼女が冷静に言った。
「規則その一。むこうからたのまれないかぎり、かたわにてをかさないこと。いくら苦労していても、そのままほうっておきなさい。むこうは人にたのむことをおぼえなきゃいけないし、あなたはむこうになるべくやらせることをおぼえさせなきゃいけない」
「ぼくはいままでかたわとつきあいがなかったんだ」
「規則その二。ニガーは自分をニガーと呼んでいいし、かたわは自分をかたわと呼んでもいい。でも、五体満足な白人がどっちかの言葉を使ったら、ただじゃすまないわよ」
ジョン・ヴァーリイ 『ブルー・シャンペン』


うんとSFらしいSF、6篇が収められた短編集。

「プッシャー」
扉を飾るのは手垢のついたテーマを「ロリコンの変態おじさん」という切り口でさらっと魅せる佳品。
落ちはわかっているのに思わずにやり。

「ブルー・シャンペン」
表題作。
”黄金のジプシー”と呼ばれるハイテク外骨格を身につけることで身体の自由を取り戻した四肢麻痺患者の少女の恋物語。
これを読むだけで元は取れた!と確信する素晴らしい出来。

「タンゴ・チャーリーとフォックストロット・ロミオ」
謎の病原体に汚染されたため放棄された宇宙ステーションで発見された少女と犬たち。
困難を極める救出作戦の鍵を握るのはニュースを見た一般大衆の反応。
機械なのにいちばん人間らしいチクタクが愛しいです。

「ブラックホールとロリポップ」
ブラックホール・ハンターが太陽系辺境で狂気と直面する怖ーいお話。
読み終えた時の”宙ぶらりん感”が怖すぎてすてき。

久しぶりに読み返したけれどやっぱりよかったです。
満足満足♪

オンライン書店ビーケーワン:ブルー・シャンペン

|

« 図書館は動物園に似ていると思った | Main | デイヴィッド・ベニオフ 『25時』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14644/13790555

Listed below are links to weblogs that reference ジョン・ヴァーリイ 『ブルー・シャンペン』:

» [本] [「短歌と短剣」探検譚]
「ブルー・シャンペン」ジョン・ヴァーリイ (図書館)を読む。面白かった。 SF短編集6編。全体的にアメリカの伝統*1ともいえる”他者である2者の出会い”がテーマ。ロリで反日。 『タンゴ・チャーリーとフォックストロント・ロミオ』 閉じ込められた少女の話。一番好き。わかり... [Read More]

Tracked on 2008.03.25 at 12:54

« 図書館は動物園に似ていると思った | Main | デイヴィッド・ベニオフ 『25時』 »